「日経225先物取引」という商品の名前を耳にされた方も多いでしょう。それでは、日経225miniと言う商品はご存知ですか?日経225miniとは、その名前が示すように、日経平均を対象とした株価指数先物取引である日経225先物取引のミニ版です。日経225(ミニができてからは、ミニに対して「ラージ」と呼ねれることもあるようです)の場合、取引単位や証拠金の額が大きく、投資金額が少ない個人投資家(参入するのは比較的簡単ですが、通年で利益をあげるのは至難の業でしょう)にとっては手が出しにくい商品でした。その為に、大阪(ミナミの道頓堀にあるグリコのネオン看板が象徴的存在かもしれません)証券取引所が個人投資家向けに開発した商品が、日経225miniなのです。日経225先物取引と日経225miniとの違いは、最低取引単位、呼値幅、証拠金の額、限月等が挙げられます。具体的にいうと、225先物取引の最低取引単位は日経平均株価の1000倍ですが、225miniの場合は100倍から取引が出来るようになっています。つまり、より少額の資金から日経平均株価を対象とする先物取引が出来ると言う訳ですね。また、呼値の単位は、225先物取引の場合は10円刻みの値段で注文を行いますが、225miniの場合であれね5円刻みの値段で注文する事が出来ます。それに、証券会社に預ける証拠金の金額も、225miniの場合は、225先物取引の金額の10分の1の額で済みます。ただ、この証拠(疑わしきは?せずなんていいますが、誰がみても明らかとなるように証明するのは難しいことも多いでしょう)金の金額は実際には各証券会社で計算されているので、口座を開設する際にはきちんと確認しておく事が重要でしょう。限月も、日経225(日本経済新聞社の登録商標であり、海外でもNIKKEI225と表記します)先物に比べて225miniの方がより多くなっていますので、取引しやすいのではないでしょうかー